【英語多読】効果が出る人と出ない人の違いは何?

多読について

 

多読をやるといいと聞いて多読をやってみたけど、

効果がでない…」「多読って本当に効果あるの?

と悩んでいる方もいると思います。

そこで今回は多読の効果は本当にあるのか?
なぜ効果がでない人がいるのか?を解説していきます。

 

英語 多読の効果はあるのか?

多読をして効果はあるのか?答えは、あります!

主な効果は以下の通りです。

・英語を英語のまま理解できる。
・英語を推測して理解する力が身に着く
・英語の語彙が増える

 

その他にも、英語のインプット、自然な英語表現、返り読みする回数が減るなど。

では、多読をやっても効果が出ない人とは?

それは基礎がない人です

基礎がない方がいきなり多読をやろうとしても、
時間とお金を無駄にします。

そして、目的をもっていない人です。

詳しく解説していきますね!

英語 多読の効果がでない人の特徴とは?

 

効果がでない原因は「基礎がない人」と「目的をもっていない人」でした。

英語を学び始めたばかりの人や、今の自分のレベルがどのくらいかわからずに
やってしまっている人です。

そして、何のための多読をやっているのか分かっていない人です。

 

基礎がないまま多読をやるとどうなるか?

では基礎がない人が多読をやったとします。

例えば、洋書や絵本を読んでいてわからない文がでてきました。

基礎がある人は前後の単語で何となくイメージで文の意味を掴めます。
基礎がない人は、その前後の単語もわからない、文の構造もわからない…
と絵だけ見てなにも理解できないまま一冊が終わるなんてことも。

そして次の本、また次の本と、基礎がないまま続けても効果がでないとなるのです。
これだけ読んでいるのになんで効果がでないんだ?」と。

なので基礎をつけたうえで多読をやりましょう!
基礎は最低でも中学英語ができていればいいです。

 

 

なぜ多読をやるのか目的を明確にしよう!

そして効果がでない人の特徴2つ目は「目的がない人」です。

あなたはなぜ多読をしようと思ったのですか?
あなたが多読を始めようとした目的を忘れてはいけません。

TOEICで点数を上げたいから、英語を話せるようになりたいから。
様々な目的があると思います。

その目的を達成するための武器として多読を使うのです。
目的を見失わずに多読をしましょう!

 

 

効果が出る人=基礎ができている、かつ目的が明確になっている。

効果がでない人=基礎がない、かつ目的がない。ただ多読をすればいいと思っている。

 

英語 多読で効果を出したい!

 

 

多読で効果をだすためのポイントは3つです。

・基礎を付ける
・目的をもつ
・継続する

 

上2つは先ほども言いましたので説明は省きます。

そして大事なのが「継続する事」です。
この継続が難しいので諦めてしまう方が多いのも事実です。

英語を話せる人やTOEICで点数が高い人は、
やはり「毎日継続して学習していた」からこそ結果がでているのです。

少しでもいいので毎日継続することが大切です。

して多読をする時、本選びも大切なので少し説明しますね。

英語 多読にオススメの本とは?

 

本選びも多読をするうえで大切です。

TOEICのスコアを上げるための多読なのか?
ビジネスで必要な英語力を上げるための多読なのか?と、
自分にあった教材を選びましょう。

とりあえず「絵本買えばいいや~」だとお金と時間の無駄になります。

図書館で洋書や絵本を借りるのはいいですが、種類は少ないと思います。
かと言って、Amazonなどで洋書と調べるとたくさんの洋書がでてきて選択に困ります。

 

一番いいのは、本屋さんに行って自分の好きな本を買うことです。
また、かさばるのが嫌だな、行く時間がないな、という人はkindleの読み放題など
電子書籍を利用してみるのもいいかも知れません。

 

多読をする時に洋書を使う人は、出版社もいろいろあるので
選択に困ると思います。

そんな時は以下の記事を参考にしてみて下さい。

関連記事:【ペンギンリーダーズ】迷ったらこれを買え!口コミから厳選したオススメの本

 

まとめ

多読はしっかりと準備をしたうえで効果がでます。
でもやり方を間違ったままやると、時間やお金を無駄にしてしまい
また多読の効果が100%出ません。

なので、多読をやる前に基礎をつける、目的を持つ
そして始めたら継続する事を忘れないでくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました