まだ【Brave】使ってないの?仮想通貨がもらえる最強ブラウザ〜登録から使い方まで解説

braveのアイコン web3






みなさん、Braveっていうwebブラウザを知っていますか?

私も暗号資産を初めてから知ったのですが、これ最強なんです!

何が最強かっていうと…



  • 広告が非表示になる
  • 検索するだけ仮想通貨BATがもらえる
  • セキュリティとプライバシーの保護が強い




一番のメリットはやはり「広告が非表示になる」ことです!

サイトを閲覧中に広告が出てきたり、YouTubeで動画を見てたら広告が出てきますよね。
ですが、「Brave」を使うことでこれらのストレスから解放されるんです。

でも、気になるのは「安全性と危険性」です。

Braveを使うメリットとデメリットを詳しく解説して行きますので、
気になっている方はぜひ参考にしてくださいね♪



miyu
miyu

Braveを使ってみて感じたことを結論です!




Braveを使ってみた結論

まず広告がないから最初違和感があるけど、逆に広告があると違和感に変わる

検索するだけでBAT(仮想通貨)がもらえるのは私得すぎる

ただ、アンインストールの方法がイマイチわからない




この記事でわかること

Braveのメリット・デメリット

Braveの使い方と登録方法




Braveとは?

そもそも「Brave」ってなんなの?




Braveはこれからのネット世界を変えるweb3として注目を集めているwebブラウザです。
スマホからPCから使うことができます。






開発した人



Braveを開発したは、プログラミング言語「Javascript」を作ったブレンダン・アイクという人が作りました。




Braveを作った目的



なぜ今Braveが注目されているかというと、「個人の個人情報を守っている」からなんです。
Braveはプライバシーを守ることを最も重要としています。

こちらの記事でもBraveの目的を詳細に書かれています。



大手検索エンジン「Google」「Yahoo」「Safari」などがありますが、これらを使って普段私たちは日々検索していますよね。

ですが、普段私たちが検索しているルートや閲覧履歴などを知らず知らずに追跡されているんです。
Cookie(クッキー)を例えにいうと、Cookie(クッキー)はあなたが訪問したサイトなどの痕跡を残すことができるシステムです。



ネットでカートに入れてサイトを離脱してまた戻ってくるとそのままになっていますよね?
これはCookie(クッキー)があるからできることなんです。



一見いいこと見えますが、同時にあなたのIPアドレスや閲覧したサイトなどの情報が保存されてしまいます。これが近年問題視されているわけです。


要は会社が私たちの情報を利用して広告を出したり、趣味嗜好を知ることができるということです。


これはいわゆるweb2というネットで、

これからは個人の情報を自分で管理するweb3になるとも言えます。






BATとは




Braveでは検索するだけでBATがもらえます。

BATは2017年5月に誕生しました。

また、BATとは「Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)」という名の仮想通貨です。


Brave上で使える仮想通貨になっています!

コインチェックやbitFlyerなどで取引できます。
ですが、Braveで稼いだBATはbitFlyerでした同期できませんので注意してくださいね!

2022年2月の値段は¥75.76円です。





Braveのメリット




miyu
miyu

Braveのメリットは3つ!



  1. 広告が非表示
  2. プライバシーとセキュリティーが高い
  3. ページの読み込み速度が速い
  4. 仮想通貨BATがもらえる





広告が非表示



Braveを使う最大のメリットといえば「広告が非表示」なことです!

Braveで検索した場合と通常で検索した場合での違いを見てください。

☆通常で検索した場合






miyu
miyu

Breveで検索すると…




☆Braveで検索した場合







こんな感じでスッキリと広告が消えてますね!

サイトに限らず広告が出る所はほぼ無くなります。



てことは…YouTubeも広告なしで見れるってこと?




miyu
miyu

そうなんです!動画を再生しているとうざったい広告がなくなるんです!




(でも、クリエイター側からしたら広告で収益が出ているので
Braveを使われると痛いですね…)




広告を消すためにYouTubeプレミアムに入っている人もいると思いますが、
Braveを使えば、広告はなくなりまたプレイリストも作ることができます!




miyu
miyu

YouTubeプレミアムに課金している人は一度Braveを使ってみて
検討してみるのもいいですね♪(※私も課金しているのでしばらく使ってみて考えます)





プライバシーとセキュリティーが高い




でも、使い慣れてないしどこのアプリかわからないものは
ちょっと怖い…



確かに。

検索エンジンとしてよく使われている「Google」や「Safari」などに比べると
初めて聞くし、使っている人が身近にいないと不安ですよね。



Braveでは、プライバシーとセキュリティー面ではこのようにして守られています。





■全てのサードパーティストレージをブロックする



Brave公式から引用



サードパーティとは?

「第三者」という意味。
つまり、第三者をブロックするということ。



BraveはサードパーティのストレージとCookieのストレージを全てブロックすることで、
追跡されなくなり、情報を保護できるということですね!


サイトを閲覧中によく最近みた広告などをみることがないですか?
あれは、あなたの足跡を辿って広告を出しているんです。



それらを追跡されないようにするためにこのサードパーティをブロックしているということなんですね。





■PhoningHomeが少ない



Brave公式から引用




PhoningHomeとは?

直訳すると「自宅に電話をかける」という意味。
つまり、ネットに繋げたときにサーバーと通信することを言います。




ブラウズを使用するときサーバーにつながれますが、Braveではこのとき
少ないサーバーでの通信をするのでプライバシーを他のブラウザよりも保護できるということです。







■Chromiumのプライバシーの改善




Brave公式から引用




Chromium(クロミウム)とは?

フリーのオープンソースであり、webブラウザのソースコードとして使われています。
主にGoogleによって開発とメンテナンスされています。




Chromium(クロミウム)はGoogleが提供しているクChromeにも使われており、
Braveでも使用しているので、Chromeと同様に使えることが魅力的です。



さらに、BraveはCromium(クロミウム)を基盤に改良することで
プライバシーを保護を強化できるようにしました。






■HTTPSへのアップグレード






HTTPSとは?

通信するときに「暗号化」をする通信方法のこと。


※HTTPだと暗号化をせずに通信することになる。





Httpというサイトはまだ少なからず存在しているので、
もしそのサイトを開いたときに暗号化されずに通信してしまうので、危険性が高いということです。

それをBraveでは自動的にHttpsにアップグレードしてくれることで、
セキュリティとプライバシー保護を守ってくれます。








■クエリーパラメータフィルタリング




Brave公式から引用




クエリーパラメータとは?

サーバーに接続したときにURLに情報を加えることをいう。





わかりやすい例えで言うと、サイト内検索があります。

当サイトのサイト内検索でコインチェックと調べたとしましょう。







検索結果のURLがこちらです。









「?」がついている箇所からクエリパラメータになります!









これがつくと何がダメなの?




つまり、このクエリパラメータがつくことで「あなたがどこからサイトに辿り着いたかがわかる」と言うことです。足跡のヒントをくれると言うわけですね。




ですが、Braveではデフォルトでこれらを削除して通信できるようになっています!



また、調べたところBraveを使っているユーザーは5,000万人を突破したみたいです。







参考記事;Braveの月間アクティブユーザ数が5000万人を突破、5年連続で2倍増を達成




miyu
miyu

日本ではまだまだ知名度は低いですが、知っている人は使っている感じですね!




ですが、これからはBraveを使う人は増えてくると私は思っています!

web3がこれから利用されていくので、速いうちにBraveを使っていると
仮想通貨も溜まっていくし、web3nのことも学ぶことができますので一石二鳥ですよ!



ページの読み込み速度が速い



こちらをみてください。






他のブラウザとに読み込み速度を測ったものになります。

Braveが他と比べて速いかわかります。



他のブラウザとなにが違うの?




読み込み速度は「広告」によって遅くなったりすることが関係しているらしく
Braveでは広告をブロックしているので他のブラウザと差が出ているということですね!




速度が速いということはデータ消費もできます。




検索するたびに仮想通貨BATがもらえる



これは個人的には嬉しい機能です!!




ていうかこのために利用していると言っても過言ではないのが本音です。笑




仮想通貨BATはBraveが独自に出す広告が表示されるともらえる仕組みになっています。

換金はbitFliyr(ビットフライヤー)で可能です!



これからのBATの成長に期待ですね。
仮想通貨を持っているならBraveを使わない理由がないですね!




価格は変動するので、執筆時現在の1BATは円です。





Braveのデメリット



Braveのデメリットとして挙げられるのは、Macでのアンインストールが複雑ということです。



miyu
miyu

アンインストールってどうやるんだろう?



そう思って調べたのですが、登録の仕方しかわからず、
またYouTubeでもアンインストールの方法の有益な動画が見つからず…



一つ解決方法としてファイルを消すことが一番いいかなと思います。
ですが、完全にファイルを消してまた再ダウンロードしたところ、「完全に最初から」ではなかったです。

※私のファイルの消し方が甘かったのかもしれませんが…


この件は引き続き調べていきたいと思いますので、もし解決方法がわかったら追記します!




Braveの登録方法




それでは、早速Braveをダウンロードしましょう!



miyu
miyu

MacとWindowsのやり方を紹介しますね!
最初だけ違うので、そこだけ別々に紹介します^^




ダウンロードする



まずは公式サイトに行きます。



ダウンロードはこちらからできます。




Mac


①ダウンロードをクリックする






②Macを選ぶ(2020年以降のMacのみ)





③ダウンロードが開始される





④アプリを移す






⑤コピーされる







miyu
miyu

初期設定画面からはWindowsと一緒になります!




Windows



公式サイトからダウンロードします!

①ダウンロードをクリックしてダウンロードされたファイルを開く






②ダウンロードが開始される





miyu
miyu

ダウンロードが終わると自動でBraveの設定画面が開きます!




ここから先はMacの方もWindowsの方もやり方は一緒です!
今回はWindowsで説明していきますね♪




ブックマークとインポートする

設定画面が開くので、「さぁ始めましょう」をクリック!







インポートする種類を選ぶ。






インポートすることでChromeを使っていた人は同様に使うことができます!
ワンクリックするだけで、移動しているので手間がないですよ^^



次へをクリックして進みます。







これも次へで問題ないです。







デフォルトの検索エンジンを設定します。

これはあなたが普段使っているものでいいと思いす。

私は、Googleを使っているのでGoogleにしました!!



選択したら次へをクリックします。







Brave Rewards の設定画面になるので、
そのまBrave Rewardsの設定する人はBrave Rewardsの利用開始をクリック
今はまだ、する必要のない人は「完了」をクリックします!


※Brave Rewards の設定はいつでもできますので、今しなくても大丈夫ですよ^^




Brave Rewardsを設定する



Brave Rewardsの設定は5分とかからずすぐに終わります!

ですが、事前にbitFlyerの口座開設が必須なので、まだの人はこちらから口座を作っておきましょう!



公式サイト:bitFlyer口座開設ページはこちらから




①Brave Rewardsの利用開始をクリック






②「Brave Rewards Ads」の青い丸が右側にきていることを確認して左側にある三本線をクリック







③広告の頻度を設定する






私は「1時間に10件の広告」にしました!

これはあなたの好きな設定で大丈夫です!( ´∀`)

これで、設定は終わりです!
次は、BATを受け取るためのウォレットを登録します!





ウォレットを紐づける



次に、bitFlyerのウォレットを紐づけします!



①Braveを開いて三角マークをクリック






②ウォレット認証をクリック






③ウォレット認証の任意



内容を確認して「続ける」をクリック







④「bitFlyer」をクリック







⑤ログインする







⑥「Brave Browser」の利用を許可する






⑦認証済みになっているか確認






miyu
miyu

これで紐付けはできました!

これからBraveで検索してどんどんBATを貯めていきましょう!♩




Braveの使い方



miyu
miyu

使い方は至って簡単です!

「検索するだけ」です!




①Braveを開いて、検索するだけ!







検索していくとBrave独自の広告が表示されれば
右側にあるBATが溜まっていきます!







miyu
miyu

あとは、読み込みをして広告が表示する方法もありますよ!
暇なときに読み込みするのが良さそうです。



Brave独自の広告ってどんな感じなの?



Brave独自の広告が表示されたときは、トップページの背景画像が「自然の風景写真」でなければ
広告が表示されたことになります!

今現在、まだ私は表示されていないので画像がありませんが、
表示されたら載せてたいと思います!




まだBrave使ってないの?仮想通貨がもらえる最強アプリ〜登録から使い方まで解説 【まとめ】



お疲れ様でした!無事にBreveを使うことができましたか?( ´∀`)

BraveはChromeと同じように使えるので、Chromeを普段使っているひとはぜひ
Braveのよさを実感してみてください♪

もう広告ありの生活には戻れなくなりますよ!笑

そして、普通に検索するだけで仮想通貨がもらえることも魅力的です。
これからますます、Web3.0が日本でも浸透してくると思うので、
使っていて損はしません!

暗号資産(仮想通貨)の価値もこれからどんどん上がっていくと
思うので、もらえるものは持っておきましょう! 笑




miyu
miyu

もらえるものもらうスタイルです。笑




それでは、広告なしの生活を実感してみてくださいね!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました